年齢や転職先の業界によって選ぶ転職エージェントが違う

年代別 おすすめ転職エージェント一覧

まずは、求職者の年齢に応じたおすすめの転職エージェントをご紹介。それぞれのエージェントによって得意としている年齢層というものがありますので、以下の情報を元に間違った転職エージェントを選択しないように注意してください。より自分に合ったサービスを選ぶことで、求人案件のマッチングミスを大幅に減らすことが可能ですし、転職のスピードや効率も格段に上がります。

 

20代〜30代の人が求人数で選ぶ場合

リクルートエージェント

国内で最大手の転職エージェントで、日本全国の求人を取り扱っています。ここでしか掲載されていない、いわゆる非公開求人の数も圧倒的。公開求人と非公開求人の合計が10万件以上超えているエージェントはここだけ。転職をするなら登録必須レベルです。もちろん求人数だけでなく、専任のキャリアアドバイザーなどによる親切なサポートも◎

マイナビエージェント

求人数こそリクルートに及ばないものの、こちらの転職エージェントも合計で数万件規模の求人数を取り扱っています。業界トップクラスの求人案件だけでなく、求職者に寄り添い、親身になって対応していただけるフォローサービスも充実。例えば、応募書類の添削や面接対策のための個々に対するアドバイス。転職後のアフターフォローなどもあります。

 

40代の人が求人数で選ぶ場合

JAC リクルートメント

世界各国に支部を構えているグローバル企業により運営されている転職エージェント。ここは、よりハイキャリアの転職を実現させるための転職エージェントなので、自身の過去を見つめ直し、現在よりもさらに上の企業に就きたい方にのみオススメすることができます。より専門性の高いスタッフがレベルの高い求人を紹介していただけますが、自分に自信のある方のみ挑戦してみてください。

 

業界別 特定の業種への転職を目指す場合は以下を参照

 

IT業界

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントにて掲載されているIT関連の企業求人数はおよそ数千件。ITのみ絞った場合、転職エージェント界隈ではトップクラスに数が多いので、IT企業への転職を検討されている方には、まず、ここを推奨します。前述のとおり、マイナビは求職者に対する良心的なサービスが非常に豊富なので、安心して利用されてみてはいかがでしょうか。

レバテックキャリア

IT企業の求人案件の数ではマイナビに負けているものの、この転職エージェントは非常にIT分野の転職に特化されたサービスとなっています。例えば、この転職エージェントのスタッフは全員がもともとIT業界で活躍されていた人間ばかりとなっており、様々なITに関する事情を理解してもらうことができます。専門性の高いIT用語も全て通じます。こういったスタッフは、求職者に対するサービスの質が高く、よりスムーズに転職を実現させることができるでしょう。

 

ゲーム業界

ワークポート

もともとIT専門の転職エージェントだったワークポート。近年、総合的な転職エージェントへと進化しましたが、ここはやはりゲーム業界の求人がかなり豊富。誰もが一度は聞いたことのあるゲームメーカーの名前がずらりと並んでおります。ゲーム制作を仕事にしたいエンジニアの方には、この転職エージェントの登録は必須です。もちろん、ゲーム関連だけでなくその他IT求人などもある程度は存在しますので、ついでに登録しておくといった考えでも良いでしょう。

 

アパレル業界

クリーデンス

ファッションに関する求人案件の数がピカイチの転職エージェント「クリーデンス」。ここは、現在アパレル企業に勤められている方だけでなく、未経験の方でも歓迎されているところですので、とりあえずアパレル業界での転職を実現したい方は、この転職エージェントに登録しておくとスムーズに転職が進むでしょう。バイト経験しかなかったり、全く別の業種の転職になってしまう・・・などという心配は無用です。

 

フリーター・第二新卒の方へ向けた転職エージェント

ハタラクティブ

もしも、あなたが現在「フリーター」だった場合、本来であれば難しい転職をクリアしなければなりませんが、そういった方に専門の転職エージェントが存在します。この転職エージェントはフリーターだけでなく、第二新卒の方も歓迎、あらゆる職種の未経験者であっても歓迎してくださるところです。ただし、支部が東京にしかありませんので、関東地方の転職で、かつ、20代の若い方であればサポートしていただくことが可能です。

初めに担当にしっかりと伝えるべき点

自分がどういった職に就きたいのか伝える

 

転職エージェントを活用する上で、事前に知っておくべく点の1つとして、「欲しい案件の具体的な情報」を伝える必要があります。自分がどんな企業で働きたいのか、自分がどんな職種に就きたいのか、それだけでなく、職場環境に関しても具体的な願望を提示したほうが良いです。

 

なぜなら、転職エージェントを利用する際には、一人一人に専任のアドバイザー(担当者)が配属されますが、その時に、求職者であるあなたが希望求人の具体性を提示できなければ、アドバイザーがどんな求人を紹介すればよいのか曖昧になってしまう恐れがあるからです。「私はこういった職業に就きたい」ということを必ず担当者に対して話すように気を付けましょう。

 

できれば、今のうちから「定時帰宅厳守」「残業月○○時間以内」などといった職場環境に対する具体的な条件も考えておきましょう。もちろん、給料に対する条件の設定も必須です。せっかく転職エージェントを使って有利に転職するのですから、前職よりも必ず条件の良い案件を見つけてください。

履歴書の添削や面談サービスはなるべく使う

履歴書の添削サービス

 

転職エージェントは、一般的に便利なサービスを展開している企業が多いです。そんな中で、とても助かるのがこの「履歴書の添削サービス」。書類選考に用いられる応募種類の添削を転職エージェントのスタッフ、あるいは担当者にチェックしてもらうことができます。学生時代に先生に見てもらったり、大学の就職課の方たちに細かく確認していただくようなそんな感じで、履歴書の悪い点の指摘や、具体性のあるアドバイスをもらうことが可能です。

 

大人になってからそういったサービスを利用するのは恥ずかしいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは転職エージェントの立派なサービスの1つですでの、必ず活用するようにしてください。より確実に転職を実現させるための有効なサービスです。

 

面接の予行演習

 

学生時代、誰もが一度はやったことがある面接の練習。大人になった今でも、転職の際には必ず通るべき道だと思います。転職エージェントでは面接対策のためのセミナーや、個人面談などもサービスの一環として提供されています。基本的な身だしなみに関するアドバイスだけなく、面接での会話のスピードや、様々な質問に対する模範的な回答などを徹底的に叩きこんでもらいましょう。

 

もちろんそれだけでなく、過去のその企業で実際に質問された内容を伝えてもらうことも可能ですので、転職エージェントを利用した転職を有利に進めるための非常にありがたいサービスだと言えるでしょう。

 

また、これらのサービスだけでなく、転職エージェントのシステム自体についてもその全てが完全に無料ですのでご安心を。転職エージェントは求人情報を求職者に紹介し、理想の転職を実現させることで、企業から報酬を獲得して運営していますので、職を探してる側は一切費用が掛かりません。