美容部員は大変でしたがとても楽しい職業でした。

美容部員を4年間ほどやっていました。大変なことももちろんありましたが、とてもやりがいがありました。私はバイトということでしたが、一日仕事をしていたので、社員さんをやっているあまり変わりませんでしたね。

 

接客内容としては、まず顧客のお客さんが来たら台帳をだします。だいたいの方がスキンケアを購入するときは、「前回購入したもの」と言われることが多いので台帳をみて、前回買われた商品を用意しています。その他にも、ご年配のお客様の場合結構お話が楽しみにしているお客様も多かったりするので世間話をしたり、新しいコスメの話をしたりと一人のお客様にはだいたい10分〜20分ぐらいはかけて、丁寧に接客するようにします。

 

流れ作業的にすると、お客様も離れていってしまうので、丁寧にということを本当に心がけていました。

 

私が働いていたところでは、半年に一回ほど研修がありました。接客の勉強、新商品のコスメの詳しい知識、メイクの勉強などなど一日がかりで勉強します。バイトだけど、結構本格的に勉強はしていましたね。やはりお客様にいろいろと詳しく聞かれることも多いので、研修は大変でしたが、とても大切だとおもいます。

 

そして個人的に気を付けていたことは、お客様の肌にふれることが多いので、タバコなどは吸わないようにしました。研修などでもタバコの臭いがすごくて気持ち悪くなってしまったお客様のお話なども聞いていたので、自分の臭いには気を付けていました。

エステティシャンというお仕事

私はこれまで10年程エステティシャンという職業に就いていました。

 

元々は全然違う職種に就いていましたが、当時転職を考えていた時にたまたま流行ってて行った占いで、エステの仕事があってると言われ、若かったのもあり思い切って転職してみたのがきっかけでした。いちおお客さんとして通ったこともあり興味がある分野だったのもありますが。

 

いきなり飛び込んだ世界だったので、もちろん資格もありませんし、肌に関してまったくの無知の状態でしたが入れました。

 

エステティシャンになるための国家資格なども特にはなく、民間の資格しかないようで基本的に無資格でもなれちゃうんです。

 

自分が働くまでは、働いている人は美容師のように国家資格を持って働いていると思っていたので、正直自分みたいなど素人が混ざっているということにショックを受けました。

 

入ってすぐは、さすがにすぐお客さんを担当することはなく、基本的に雑用ばかりです。お客さんをロッカールームまでご案内したり、使用後の部屋を片付けに行ったり、洗濯をまわしてたたんだり、サロン内美化が基本です。

 

お店に慣れつつ、少しずつ技術を教わりました。私がいたお店は、フェイシャルコースと痩身コースとゲルマニウム温浴をやっていました。

 

最初は痩身コースから教わりました。基本的に器械を使用したコースだったので初心者でも覚えやすくコースデビューしやすかったからです。

 

その後少しずつフェイシャルコースもできるようになると、仕事がすごく楽しく感じるようになりました。

 

私はそこのお店で約4年近く働いていましたが、その後大手のエステのお店に転職をしました。仕事がどんどん楽しくなりもっと幅広くやれることを増やしたかったからです。

 

エステの仕事は一見華やかですが地味な仕事も多いし、体力も使うし、拘束時間も長くてハードな面もありますが、お客さんを笑顔にする職業なのでとてもやりがいを感じることができる仕事だと思います。

エステサロンを経営する会社で働いていました。

今はもう辞めてしまいましたが、10年程前までエステサロンを経営する会社で働いていました。エステシャンではなく、裏方のような仕事です。エステサロンは全国に店舗を展開しており、オープンする場所を調べたり、お店で使用するベッドや椅子、化粧品などを仕入れたり、全国にある店舗の売上や顧客人数を調べたり、裏方のような仕事でもやる事はたくさんありました。

 

他にも全国にある店舗の店長が定期的に集まる勉強会なども実施していました。また、CMや広告、キャンペーンなど、様々な業務がある中で一番やりがいを感じられたのはこれからオープンする予定のエリアを調べる業務でした。まず、オープンするエリアを決めたらそのエリアに足を運び、周辺にどのようなお店があるのか、人の流れや交通量を調べます。このような事はネットなどである程度調べる事は出来ますが、やはり、実際に足を運んでみないと分からない事もたくさんあります。

 

例えば、人の流れを調べる時もおおまかに人数を調べるのではなく、性別や年代などを確認していきます。もちろん、実際に年齢や職業を聞いているわけではありませんが、エステサロンのお客様は女性がターゲット、特に主婦やOLです。女性が集まりやすい場所やどの方向から来てどこに流れていくのかをチェックする事も大切でした。

 

遠方に足を運ぶ時には出張となり、2〜3日滞在する事もありました。出張から帰ってきたらレポートを提出してそれから実際にオープンする場所を決めていきます。根気のいる仕事でしたが、やりがいもありましたし、経験できて良かったです。