美容師という仕事

私は美容の専門学校を出て、美容師の資格を取得しました。そしてその後に美容室へ就職しました。

 

もちろんインターンを経て技術者になったのですが、上下関係もかなり厳しく大変でした。

 

優しい先輩ばかりではありません。先輩の中には後輩に対してとても厳しく当たる人もいます。明らかに意地悪なんではないか?と思えるようなこともされました。

 

今ではもうそちらの仕事はしていませんが、とても体力が必要で寝不足になる仕事だったのを覚えています。

 

朝は開店前から掃除を始めて綺麗にしてからお客様を迎え入れます。夜は練習会を終電間際までします。同期とは技術面ではライバルですから、負けてはいられません。

 

これがとてもフラストレーションでした。

 

もちろん営業中は笑顔を欠かせません。最初はシャンプーばかりで腰が痛くなったり、下っ端なのでお客様に嫌な顔されたり苦労がつきませんでした。

 

しかし、だんだんとそれも減ってきて、数年頑張って1人前になる頃には、そう言った苦労以外にお客さんへの対応などで追われました。

 

カットやパーマをしてお客様の雰囲気が変わって喜んでくれるとこちらもとても嬉しいですし、何より綺麗にしてあげれることにやりがいを感じました。

 

ですが私は体力があまりなくて、よく貧血気味になっていました。あまりに具合が悪くなるので仕方なく美容師を辞めて、今は事務職をしています。

 

ですから立ち仕事が苦にならない人は美容師はとてもやりがいのある仕事だなと思います。