営業から事務への転職

前職では金融機関の営業を8年ほどやっていましたが、残業が多くノルマに追われる日々に疲れ果ててしまい、「今はなんとかなっているけど、この仕事をずっと続けるのは絶対に無理だ」と転職を決意しました。

 

とは言え、毎日遅くまで残業だったので、働きながら面接を受けたりするのは難しく、悩んだ結果、まず退職してしまうことに。

 

失業保険をもらいながら、ハローワークや転職エージェントに通って情報収集から始めました。はじめのうちはとにかく「金融機関と営業はやりたくない」という消去法で仕事を探しましたが、エージェントの担当者に「もう若くもないし、今までの経験が活かせない仕事となると、誰でもできる安月給の仕事になってしまいますよ。」と厳しいアドバイスをもらい、自分の考えが甘かったと落ち込みました。

 

営業を担当していても、金融機関は事務が多かったので、「金融関連の事務なら経験を活かせるかも」とエージェントに仕事を探してもらうと、金融機関を顧客にしている企業の事務をいくつか見つけてくれたので、早速受けてみました。

 

退職してからの転職活動であることや、今までの職種と違う応募であることに質問を色々されましたが、前もってポジティブな説明を準備していたので、3社受けた中の1社に採用してもらえました。

 

特殊技能がない状態での事務への転職ては、給与面はどうしても不利になります。退職する前に資格など取っておけばよかったとも思いましたが、今は新しい仕事に満足しています。