チェーン店のパン屋で働いていました。

私は過去に、パン屋に勤めていました。業種は製造業です。

 

それまでは仕事の経験もなく、その当時は自分のコミュニケーション能力に自信が無かった為、パンの製造を選びました。実際に働いてみて、コミュニケーション能力は主に職場の同僚と仕事の話が出来れば大丈夫な程度でした。ルーティンで作業する工場とは違って、パン屋の製造はそれなりのチームワークも必要だと感じました。

 

ある程度、個々で作るものは別々ですが、作業の進み具合によっては互いに協力することも出てきます。それに、窯の温度の設定や、パンを焼く際のタイマーのミスは、パン屋にとって致命的なミスに値します。

 

そうならないように、互いに気づいたら声を掛け合うなどの配慮も必要になってきます。ミスは、出ないことが一番ですが、急いでいたり疲れているとどうしても注意力が欠けてしまうこともあるので、ここは大切だと思いました。

 

他には、パン屋で働いていた時に、パン屋で働いたことが無い方のパン屋のイメージを聞くことが度々ありました。

 

「パン屋はゆったり働いて、ゆったりパンを作って、良い香りに包まれて」そのようなイメージを何度か聞いたことがありますが、それは少なくとも私のパン屋には当てはまりませんでした。

 

個人で経営していて、ご近所さんに売っているようなパン屋は働いたことが無いのでわかりませんが、チェーン店のパン屋は結構忙しいと思います。それに、スーパーや、デパートの中のパン屋となるとお客様の出入りが激しいと思います。

 

少なくとも私が働いていたところはそうでしたし、別のパン屋の方も言っていました。

 

お客様の出入りが激しい為、大量に作らなければいけませんし、種類も豊富です。なので同時にいくつものパンを作り続けていました。私が働いて感じたパン屋のイメージは、急いで働いて、急いでパン生地をこねたり、パンを切って袋に入れ続けるイメージでした。

 

最後に、パン屋に必要なものと言いますと「体力」だと思います。

 

時にはパンを沢山のせた重い鉄板を両手で持つ時もあったり、材料を色々注文するので、配達されるたびに運ばなければいけません。
その中には何キロもする材料の粉の袋が複数の時もありました。

 

以上のことから、私がパン屋に抱いたイメージは「ハード」です。

 

ですが、パン屋の経験は大変な事もありましたが良い事もありました。パンを切る事も多くてパン切り包丁をよく使います。そしたら、プライベートでホールのケーキを切る際やパンを切る際にとても役に立っています。他にも、プライベートで気軽にパンやケーキを作るようになって、自分の新たな能力の一つとなりました。

 

パンやケーキを作ると家族や友達も喜んでくれるので、とても嬉しいです。