臨床工学技士の仕事内容と給与について

現役臨床工学技士による仕事紹介と給与について紹介します。

 

臨床工学技士とは厚生労働大臣から付与される医療資格で取得のためには3年生の専門学校か4年生大学における履修を行い国家試験の受験資格を取得しなければいけません。

 

その後、臨床工学技士国家試験に合格をして初めて臨床工学技士として働くことができます。

 

臨床工学技士の仕事内容は生命に関わる「呼吸」「循環」「代謝」の機能を代替えする医療機器である生命維持管理装置の操作や保守管理を行います。

 

代表的な仕事としては腎臓が悪くなり尿を作れなくなった患者さんの腎機能を代替えする血液透析業務、呼吸機能が悪くなり呼吸補助を行う人工呼吸器業務、心臓手術の際に止めた心臓の代わりに全身へ血液を送る役割を代替えする人工心肺業務などがあり様々な医療機関で活躍することができます。

 

最近では、この他に救命救急領域である超急性期における業務や災害医療などにも関わる臨床工学技士も増えてきています。

 

よって、臨床工学技士の就職先は医療機関が必然的に多くなってきますが、その中でも代表的な就職先が「病院」「透析クリニック」「メーカー」となっています。

 

病院勤務の臨床工学技士の特徴は、所属施設の診療機能に依存し総合病院などの大きな病院では様々な領域の業務を行い経験が積めるということが利点です。対して透析クリニック勤務では規模が小さいため行う仕事もルーティーン化してしまいますが、その分一つのことを極めることができる利点もあります。

 

メーカー勤務の技士は医療機器を現場の医療職に紹介したり営業のような仕事となるためコミュニケーション能力が長けていなければいけません。勤務先で業務内容は様々ですが、給与は国内の世代平均年収同等若しくは僅に多い金額になると思います。

 

最終的には医療職としてお金ではないやりがいも含め素敵な仕事であると思います。