支援サービスの収益について考える

近頃、転職エージェントという存在をよく目にするようになりましたよね。転職支援をしてくれる民間企業のサービス。
あれはとても便利だと感じますが、果たしてハローワークとの違いはなんでしょうか?
ちょっとだけ調べてみたのですが、どうにもハローワークにはあまりいい話がありません。
やれブラック企業案件の巣窟だとか、安い月給の仕事しかないだとか・・・
しかし転職エージェントはどうでしょうか?確かに一部の評価では担当の人が忙しいからあまり構ってもらえないという批評がありましたが、基本的に求人の数が多くて転職活動の足になってくれるというレビューが多いです。当然、中には苦言を呈している評価もありますけどね。

 

ハロワとエージェントの2つを調べていて分かったのですが、やはり公務員が固定給でちまちまやっている人材紹介サービスなんかよりも、民間企業が自分たちの利益になるために、転職者に対して積極的に動いてくれるサービスの方がレベルが高いと断言できました。

 

それもそのはず、一般人が転職エージェントに行くと面接の指導や書類選考の基準など、様々な転職活動に役立つ情報を教えてもらえるからです。まるで大学の就活コーナーみたいですよね。というか、金銭がかかっている分、それらのサービスよりも遥かに良心的で熱心です。
しかし、求職者は一切の金銭を負担しません。せいぜい、交通費を自腹で支払うくらいですかねぇ。←これは当たり前として。
じゃあ転職エージェントという民間企業は一体どうやって収益を出しているのだろうか・・・?
私も最初は疑問に思っていましたが、客観的に考えた結果すぐに分かりました。

 

例えば、A社が特定の人材を確保したいと考えていたとします。
それを聞いた転職エージェントのB社が、自分のところに登録してくる求職者の中から適当な人材を選ぶわけです。
そしてその人材をA社に紹介することによって、マージンを受けるということになります。
そう。報酬を貰うんです。
A社は人材を確保できてメリットがあるし、給料の一部などをB社のエージェントに支払えばオッケー
B社は無料で確保した転職者を紹介しただけで、マージンを獲得することができます。
つまり、これでビジネスが立派に成り立っているんですね。
おそらく、このようにして転職エージェントの費用がまかなわれているのでしょう。

 

この一連の流れが、現代の非常に効率の良い転職活動を作り出したのではないでしょうか?

 

でも、こうなってくるといよいよを持って転職エージェント以外の転職支援システムが消えそうな気がしますが、実際はそんなことないのでしょうね。
だって・・・エージェントだって誰でも企業に人材を押し付けるわけではないのですから。
企業が本当に欲しい人材しか提供できない。となると、必然的に余ってしまう人たちが出てくるわけです。
で、そこから転職エージェントを使っても転職活動できなかった人たちだけが、もっと下の階層のハローワークを活用するんだと思います。
するとどうでしょう!お互いがお互いの需要にマッチした活動をすることができるって話。

 

はてさて、そのハロワにすら受け入れられなかった求職者は、一体どうなってしまうんでしょうねぇ・・・