転職のために、資格を取得しました

私は、もともと、一般事務として仕事をしていたのですが、今している仕事を今後一生続けるのかと考えたときに、もっと、やりがいのある仕事がしたいなと思うようになりました。

 

そんなときに、調剤事務という仕事を知り、調べてみると、調剤薬局で仕事ができるということがわかり、とても興味を持ちました。

 

事務をしていたので、パソコン入力には問題がないということで、調剤事務として仕事をするにはどうすればいいかを調べてみることにしました。

 

 

 

特別、資格が必要なわけではありませんが、やはり、知識を得て、資格を取得していたほうが転職に有利になるということで、勉強をすることにしました。

 

一般事務として仕事をしながら、通信教育で勉強をして、通勤時間や仕事が休みの日に勉強を続け、無事に資格を取得することができました。

 

 

 

資格を取得できたことをきっかけに、もともとの仕事を退職させてもらい、退職後に転職活動をするようにしました。

 

 

 

資格を取得しているということで、後は、自分が行きたい調剤薬局の求人募集を片っ端から調べて、どんどんと応募をしていきました。

 

なりたい職業が決まっていたので、転職活動の際は、職種選びに困ることも無く、ただひたすら、自分を採用してくれる会社を見つけることに専念することができました。

 

 

 

そして、無事に、家から通える範囲で転職をすることができ、新しい仕事を始めることになりました。

給料が下がっても満足できた転職談

大学を卒業してからアルバイトをいくつかして、その後IT関係の代理店に就職して営業の仕事をしていました。アルバイトをしていた頃はお金に余裕がなかったのもあり、就職活動の際はとにかく給料の高い会社を探して就職したのですが、入ってみるととても厳しい会社でした。

 

 

俗にいうブラック企業のような会社で、月に休みが3日しか取らせてもらえなかったり、朝早くに家を出て仕事を終えて帰るのは早くても22時頃だったりして自分でも体がボロボロになっていっているのがわかるほどでした。

 

 

こんな生活をいつまでも続けていられないと考えて転職することにしました。もらっていた給料はかなり高額だったので転職して下がることは目に見えていましたが、とにかく普通の生活をしたかったのでとりあえず退職する旨を伝えて、仕事を探しながら引き継ぎ業務をしていました。

 

 

今より仕事環境が厳しくなることはそうそうないだろうと思っていたのもあって、ネットやハローワークの求人を調べて業種は違いますが別の会社の営業に転職することができました。

 

 

 

転職サイトなどは利用せず自分でネットやハローワークで探したのもあって給料は半分以下になりましたが、ちゃんと休みももらえるし定時あがりなことも多いので仕事するためだけに生きていたそれまでの生活とはかなり変わって、プライベートも充実して楽しい毎日を送れるようになりました。