運送会社の求人が多い理由を理解した体験

3年前まで、運送会社の事務員として働いていました。大手の運送会社ではありますが、事務も配達員さんも、人手は足りていません。理由は一言「きつい」からです。配達員さんは勿論体力的にきついのですが、仲がよいと言えないのも大きいと思います。一応その人が廻るコースは決められているのですが、なにせ荷物の量は半端なく多く、たいていのトラックは重量オーバーであっても

 

「これもお願い」

 

「これもついでに!」という具合に渡されてしまうのが現状です。ですから、要領のいい人なら朝の出勤時間が早く、早くに積み込み作業を行って出発してしまうこともできます。人柄がよく、稼ぎたい人はそれでも最後の最後の時間まで目いっぱい配達して、集荷も難なくこなしてきます。

 

 ここでもめごととなるのが配達先が困難な場所であったり、荷受けまでに時間がかかるコースを任されている人が、何かと愚痴を言い始めることです。自分だけが特別嫌なコースを請け負っている、そう捉えて事務員たちにつらくあたったり、暴言を吐いたりして職場全体の空気を汚染していくことも多いです。同じ条件であっても、機嫌よく往復できる人もいますし、全体的に楽だけのコース、というのはありません。駅付近は混雑しているし、小回りの作業で幾つも荷物を下す人もいます。

 

 また、みんな何かしらこういう仕事に就かねばならないような事情を抱えている、そんな感じを受けました。例えば生活に収入が多く必要であったり、人と普通に接することさえ、極点に避けたい人だったりです。そういう人は、どんなに高齢になってきつくても、暴言を吐きながらでも、職を離れていくことはありません。

日によっていろいろと作業が変わる倉庫軽作業

現在派遣会社に登録して、倉庫系軽作業の仕事を長い間行ってます。派遣会社のスポット登録なので、出れるときに出ればいいのが助かりますね。自分の無理ない程度に働けるのでずっと続けてます。もう10年以上お世話になっているのではないでしょうか。願えば長期でも働けるので、長く働きたい人にも優しいです。

 

作業も難しいことはありません。手順さえしっかり覚えて作業すれば誰でも簡単にできてしまいます。倉庫内で封入封緘のお仕事だったり、DM封入だったり、デスクワークだったり。スポット登録であれば、場所も仕事内容も一日ごとに変わったりするので、飽きることもありません。

 

スポットで気に入った仕事があれば、長期に移行する人もいます。気に入った仕事があったら、とにかく一生懸命に取り組むことが大切ですね。もしかしたらスカウトされるかもしれません。頑張って働いている人には長期で働いてほしいという願いでは少なくないのです。

 

そのためには派遣会社の信用を得ておくことも大切ですね。派遣元は派遣会社を通してスカウトしてくる確率が高いので。派遣元と個人契約を結べる可能性は稀です。

 

単純作業が多い倉庫軽作業は飽きっぽい人には若干向きません。飽きっぽくても続けていくぐらいの意気込みを持ちましょう。飽きてしまったとしても、期間内は一生懸命仕事を頑張ってください。

 

倉庫業軽作業のお仕事では、新人さんが蒸発しやすいのです。短期契約だから途中でやめてしまってもいいや!と思ってるのかもしれませんが、一度申し込んで仕事行くことまで決まっているのであれば、頑張って仕事しましょう。一人とぶだけで、倉庫で働いてる人には何気に、一人分の負担をかぶっているのです。

 

そこらへんご理解いただけたら幸いですね。